banner

法人設立にかかる期間

法人設立にかかる期間は2週間から3週間


法人設立をすることによって色々なメリットを享受することはできるのですが、では、実際に手続きを行うためにはどれくらいの期間が必要なのでしょうか。実は、手続きそのものはそれほど時間のかかるものではありません。例えば、専門業者であれば全ての手続きを1日で終わらせるようなサービスもあるくらいで、知識があればかなり短い時間で完了させることもできるのです。
専門業者に依頼するのではなくて、全て自分で行おうと思った場合には、手続きそのものにかかる時間は1週間くらいだと考えておいて問題はありません。ただ、手続きそのものが完了したとしても、登記簿謄本を取ることができるようになるまでには法務局側での処理が必要となり、この処理に1週間から2週間かかることが多いです。
登記簿謄本がないと、法人設立ができたとしても実務的には何もできないという状況になりますから、法務局側での処理が完了して登記簿謄本を取ることができるようになってから、法人設立が完了したと考えるべきでしょう。ここまでのことを考えれば、だいたい2週間から3週間くらいで法人設立の手続きが終わると考えておくと良いでしょう。
ただ、これは手続きにかかる時間ですから、その事前の準備もしなければなりません。まず、どのような法人を設立するのかをしっかり考えて決める必要があるでしょう。株式会社にするのか合同会社にするのかを、まず選ばなければなりません。会社組織をどうするのかと言うことも考えなければなりませんし、役員を配置するかどうかも考えなければなりません。許認可の必要な業種なら、その条件を調べておくことも必要となってくるでしょう。
このように、会社全体をどのようなものにするのかをよく考えて決定しなければなりませんから、これにも時間はかかります。出資してもらう場合には出資者との折衝も必要となってくるでしょうから、これにも時間はかかります。このように、会社をどのようにするのかによって多くの時間を費やさなければならないのですから、手続き以外にも多くの時間がかかると考えておかなければなりません。
法人設立全体にかかる期間は会社によって大きく異なりますから、どれくらいとは一概には言えないのですが、小規模な会社であれば、法人設立をしようと思いたってから、3ヶ月から半年くらいで完了させることが多いようです。余裕を持って見るのならこれくらいの期間は必要だと考えておきましょう。

Copyright(c) 2014 法人設立のスムーズに行うためにAll Rights Reserved.