banner

最近の投稿

法人設立に役立つ助成金

意外と知られていない法人設立に役立つ助成金


起業し、法人を設立することを考えている方にも意外と知られていない助成金という制度が、実は数々あります。それらを利用することで、ハードルが高く厳しかった法人設立をより実現しやすいものへ変えていくことが出来るのです。
助成金はおおまかに2つに分かれます。設定されている要件を満たせば支給されるものと、条件を満たした上で審査に通ったものが受けれるものとに分かれます。
経済産業省が取り扱っているものは、募集期間があり、その期間も比較的短いものが多く、要件を満たしても審査があったりします。また、事前に説明会なども行われていたりします。
その他には厚生労働省が取り扱っているものもあります。起業時や新分野進出などの際に、人を雇ったり、従業員の労働条件の向上等の為の助成金としてもらえることが出来ます。こちらは1年中募集しており、要件を満たせば受けることが出来ます。
中には子育てをしている女性が起業時に進出しやすいように、12歳以下の子供と同居しており、雇用保険を5年以上加入している女性が受けれるものもあります。これには条件があり、有効求人倍率が全国平均を下回る地域であることが前提です。この子育て女性起業支援助成金は、起業してから1年以内に従業員を雇用し、採用日初日から雇用保険に加入させることが必要です。
以前、会社務めをしていて、出産後なにかしらの事業を自ら起業しようと考えている人には、利用する価値は大いにあると言えます。
また、45歳以上の方が3人以上集まりなにかしら事業を立ち上げる際に利用できるものもあります。これは事業を立ち上げた3人がその事業に専念していることが要件としてあり、さらに支給申請日までに45歳以上の方を新たに雇用する必要があります。
法人設立にはなにかと必要な経費がかかりますが、事前にどのようなものがあるか調べておくことで、法人設立や事業拡大にかかった経費を取り戻すことが出来るのです。将来法人設立など、なにかしら起業したいと思っている方やその予定がある方は、何年も前から知っていれば、受けたいものの要件を満たすための準備をすることも可能です。もちろんこういった制度を知らなければ1円も助成されたりはしません。
ハローワークに求職の申し込みをしている失業者の方でも、それ以前に雇用保険に加入していた期間が5年以上ある方が起業した場合に受けれるものもあります。これは仕事を一度失ってしまった方にも朗報です。ただし、受給出来るには事前に申請が必要だったり、自らが雇用保険の適用事業所であることなど、要件がいくつかありますので、必ず、法人設立の事前によく調べてから動くようにしましょう。

Copyright(c) 2014 法人設立のスムーズに行うためにAll Rights Reserved.