banner

勤務医と法人設立

勤務医と法人設立について


法人設立というのは会社を作ることとほぼ同じ意味です。法人を設立する人はその立場の呼び方は様々ですが、いわゆる社長に該当する立場となります。非常に多くの人がこのような立場を夢見ますが、その実現は難しいものです。法改正により会社を作ることそのものはそれほど難しいことではなくなりました。しかし会社を立ち上げて世のため人のために役立つ事業を展開するには会社を立ち上げた後が非常に重要です。そのため法人設立をしようとする人はそれなりの事業計画を持って会社を作っていく人が殆どです。そのため門は開いていてもそこをくぐろうとする人は限定されています。
そんな中で法人設立をする比率が極端に高い業種があります。いわゆる士業は独立開業して一城の主になることを目的の一つにしています。例えば弁護士や社会保険労務士、司法書士、税理士などは独立開業して稼ぐことが一般的です。勿論サラリーマンとして雇われで働く道もあるのですが、相応の実力があれば独立して働いた方が様々なメリットがあるのです。
そのような職業の中でも代表的な職種には医師があります。医師にも普通の医師と歯科医師がいますが、このいずれもが開業の道を選ぶ可能性は他の職種に比較して非常に高いことが知られています。独立開業をしておらず、どこかしらの病院に所属して働く医師を勤務医と呼びますが、このような身分はサラリーマンと変わりません。このような勤務体系でずっと働き続けることを希望する医師もいますが、一人でやっていくだけの覚悟がある石はより自分らしい医療を行うために法人設立により開業医としての人生を選ぶことも多いのです。
医師が会社を作る場合、それは株式会社等の一般企業ではないことが殆どです。法人を設立するのであればそれは医療法人である場合が多いでしょう。医師として開業するのであれば医療法人格を取得することで多くのメリットを得ることができるようになるのです。しかしその法人設立手続きに関しては医師自らが行う必要はほとんどありません。法人設立のために必要な手続きのほとんどはそのような解説業務を生業にしている業者が代行してくれます。そのため医師が法人を開設しようとする場合にはその意志と若干の手数料を用意すればよいのです。勤務医にとって開業医となることは進路の一つです。自分の理想とする医療を行うには最終的には開業するしかありません。そのため、この進路を取る石の割合は他の職種に比べて非常に高いです。

Copyright(c) 2014 法人設立のスムーズに行うためにAll Rights Reserved.